はちどりわ〜るど

それでも自分の人生に満足してるその辺によくいる外資系会社員 20代にてガン宣告。手術・抗がん剤を経て「若年性がんサバイバー」1年生。/ 「毒親サバイバー」/「性暴力サバイバー」/準ミニマリスト/日々色々勉強中 ブログで自分の幸せ&社会の幸せを考えながら生きるヒントを綴ります

生き方

元がん患者が「自分が死んでも世界に影響なんて全くないし。」と考える理由

こんにちわ。お久しぶりです! ハチドリちゃんです。 死は平等に訪れるといっても、なかなか自分の身に起こるとなると受け入れることが出来ません。 去年身辺整理を考えた私ですが、今も出来ていないかもしれない。 実は、私の場合、死への恐怖からなるべく逃…

私はがんに感謝なんてするつもりなんてないし、あなたも感謝なんてしたくないならしなくていい。

私は、毎日を家族や友人達と元気に笑って過ごして、社会復帰していますが 「がんになってよかったことなんてない。」 「自分自身に幸せを教えるのはがんではない。」 「全く感謝しなくてもいい。」 「ええ。不幸です。」 と、私は言い切ります。

人生は短い。 情熱を身にまとい、 自分の夢を生きよう。

私のことを、理想ばかり語ってやがると鼻で笑う人がいます。現実見ているの?それが社会なんだよ。分かってないなぁ〜。なんて。私が、”それでも”この社会で笑って幸せそうにしているのは理由があるよ。

【元若年性がん患者が話したい】アートで見る 「科学の進歩の光と影」

今回の記事では、私の心に深く響き、勇気を与え続けるアート作品、トム・サックスさんの「ザ・クローラー」と、病気を抱えた人間達を救うため、エイズ撲滅のためのワクチンを研究するために、30年近く貢献したチンパンジーが解放された動画を紹介しながら 過…

年を取るのが怖い 老いゆくあなたへ

私たちは色々な幻想に生きています。皆誰しも年を取っていく。老いていくことは、とても怖いですよね。私の祖母も例外ではありません。そんなあなたへの手紙です。

むだ死にしかけた元若年性がん患者が、堀江貴文さんの「むだ死にしない技術」と、はてなブログで話題の「がん治療専門医師の大場大さん」の記事を読んで、日本全国に伝えたいこと

むだ死にしかけた元若年性がん患者が、堀江貴文さんの「むだ死にしない技術」と、はてなブログで話題の「がん治療専門医師の大場大さん」の記事を読んで、日本全国に伝えたいことがあります。 この記事の主な目的として、元若年性がん患者である”むだ死にし…

死にたい・死んだほうがまし と考えたことがある、元がん患者が死生観・安楽死について話したいの。②

死の現場を見て、死について語ることはなかなかありません。実際、がん治療を受けた「若者」の私にも、現場を目の前で見たことはありません。 見たことがあったとしても、多くの場合トラウマとなり、思考停止につながってしまいます。 死について考えること…

死にたい・死んだほうがまし と考えたことがある、元がん患者が死生観・安楽死について話したいの。①

死にたい・死んだ方がましと思う人達は沢山いる とても、生きづらい世の中ですね。私は、がんと宣告される前、何度も「死にたい」「死んだほうがまし」と思ったことがあります。自分にとって大切な人と長い距離を感じた時。人から大きな裏切りを受けた時。ち…