はちどりわ〜るど

それでも自分の人生に満足してるその辺によくいる外資系会社員 20代にてガン宣告。手術・抗がん剤を経て「若年性がんサバイバー」1年生。/ 「毒親サバイバー」/「性暴力サバイバー」/準ミニマリスト/日々色々勉強中 ブログで自分の幸せ&社会の幸せを考えながら生きるヒントを綴ります

【がんビジネス】の「免疫力アップ」は、”女子力アップ”の滑稽さ”と同じ

いきなりですが、ハチドリちゃんは、「女子」です。

多分、ギリギリ、巷で言う”女子力高いね!”の女子の枠に入ります

私は、可愛いものが大好きだし、メイクも好き。

おしゃれなカフェを知っているし、靴は綺麗に整えられていて、料理もできます。

指先は常に清潔で短めの爪に、綺麗なネイルで保っているし、部屋はいつも片付けられています。

私の”女子力”ってやつは相当なもんで、2016年12月7日の全記事削除予定のMERYや、本屋で陳列されている女性雑誌のライフスタイルも、顔負けですよ?

インスタグラムで、オシャレな写真をせっせとあげて、いいね!をゲットしながら、夜景の見える綺麗なレストランで乾杯なんてしちゃう、愛され女子☆だね。

男性諸君、「女子力ww」って馬鹿にするのも、結構だけど、キラキラ女子は日々努力しているんだから、その努力に少しは認めてよってなもんです。

なんの話か分からなくなりそうなのですが、

この記事は、がんにまつわる「免疫力アップ」ビジネスの話。

巷の”女子”達は、悩みが無さそうでアタマ空っぽに見えるかもしれない。

しかし色々な悩みを抱えているし、「女子力」をあげようと模索し、実は一生懸命あがいている。

そこに人間としての切なさがある。

”女子”だけではない。

性別や世代は関係なく、多かれ少なかれ、”他人が作り上げた幸せ”を生きているし、企業が作り上げたライフスタイルを送っている。

がん患者達はがん宣告後、死の恐怖に怯えながらも、治療を受けながら必死に毎日を生きている。

切羽詰まっているがん患者を対象に「免疫力アップ」を謳い、金儲けを企む企業の広告は、

命の大切さを全面に押し出し、”ニセ科学”を使って誠実なふりをしているだけです。

「がんを克服♡がん患者さんにオススメのマクロビオティック☆」

「あきらめない☆がん患者さんから学ぶ!うわさのサプリメント20選」

「愛されがん患者さんのヘビロテアイテム♡高濃度ビタミンC療法で闘病を乗り切る」

「キラキラ闘病生活は、努力で作れる!フコイダンで免疫力UP↑しちゃおう!」

と、女子力系の滑稽なキャッチフレーズで、書いてみましたが、

がんビジネスを行う悪徳企業のやり方は、これと大差はない。

免疫力アップを謳い誠実そうに見える企業の広告は、女子力アップを謳い、女性にお金を使わせる企業よりレベルが低い。

オススメ!の記事