はちどりわ〜るど

それでも自分の人生に満足してるその辺によくいる外資系会社員 20代にてガン宣告。手術・抗がん剤を経て「若年性がんサバイバー」1年生。/ 「毒親サバイバー」/「性暴力サバイバー」/準ミニマリスト/日々色々勉強中 ブログで自分の幸せ&社会の幸せを考えながら生きるヒントを綴ります

がん患者に言ってはいけない言葉【無神経編】

こんにちわ〜ハチドリちゃんです。今回も前回の記事に引き続き厳しい内容かつ毒舌になります。ハチドリは実際にがんと診断を受けた後、沢山の「言葉」で傷つけられてきました。その場はぐっと我慢し、後で大泣きしたこともあります。中には、ひどくて今も許せていない言葉があります。現在、やや人間不信に陥っていますが、ハチドリは、他人に完璧であること、常に正しくあることを求めているのではありません。お互い様だからです。【綺麗事編】では、「自分が声をかける側」に回った時に心強い友でどこまでいれるかを考えながら記事にしましたが、今回の記事は半ば人に対して諦めた気持ちで記事にしています。

過去記事①:大切な人ががんと宣告された時、絶対やってはいけない3つのこと 

過去記事②:がん患者に言ってはいけない言葉【綺麗事編】

「痩せたね〜」「やつれたなぁ」

→病気を知らない人のこの様なコメントは仕方ないですが、事情を知る方は、外見の変化に関するコメントは、控えていただきたいと思います。外見が変わってしまったこと等は言われなくとも本人が一番分かっているものです。

「調子どう〜? 」

→これも同じく、病気のことを知らない人であれば仕方ないですし、頻繁に会っていてる上での挨拶だったら問題ないです。しかし、しばらく会っていない状況下での軽い感じでの質問はあまり好ましくありません。本人としては手術や抗がん剤をして、調子はどうかと聞かれても受け答えに悩みます。苦笑いで「調子いいよ」と答えるか、「良くないんだけどね」と落ち込んだトーンで言うかのどちらかになります。

「毛はまた生えてくるし、周りの人はあんまり気にしてないよ!」

→そういう簡単な問題ではないのです。脱毛に限らず、”外見を整える”ということは、自分自身への精一杯の応援と同時に、他人への配慮でもあります。その努力を無視するような励ましは無神経です。

「意外と元気そうじゃん!」

→上記にも記載したとおり、外見を整えている等工夫をした結果元気そうに見えているだけで、元気じゃない日は沢山あります。心の中で元気ではないんだけどね・・・と呟いて暗い気持ちになってしまいますので、避けて頂きたいです。また、「意外と」ってこの人は何を期待していたんだろう・・と残念な気持ちになります。

「抗がん剤ってどんな感じなの?」「手術どうだった?」

→この質問の意図は、2パターンに分かれます。本当に心配をして聞いてくれる方と単なる好奇心から聞いてくる場合。ああ、この人ゴシップ感覚で聞いているなというのは、残念ですが伝わります。

「家族にがん患者がいるから、支えている家族の気持ちだけは分かる!」

→安易に言って欲しくない一言になります。この言葉は、がんと最近診断されたご両親と、物理的に離れて暮らしている方からもらいました。ハチドリ夫婦は20代で結婚して数年しか経っていません。そんな中ハチドリ夫がどれだけ努力して支えてくれているかということは、支えられているハチドリでさえも分からない「努力」がそこにあると感じています。分かったフリはして欲しくはないです。

「あなたが頑張っているから私も頑張らなきゃ〜!」

→「はい・・・頑張ってね」という感じになります。心でそう思うのは勝手なのですが、こう言われると、この人に話した意味はハチドリにとって何なのだろうと思いました。

「感動〜!!」

→”感動ポルノ”という言葉が世間に広まって久しいですが、近いものを感じました。別に感動すること自体は悪いことではないですし、上記の「あなたが頑張っているから私も頑張らなきゃ〜!」に対しても、ハチドリの生き方に何かを感じてくれているのだと思えば、ハチドリにとっても良いことのような気もしますが、実際のところ冷めた気持ちになります。

「私だったらもう無理。耐えられない。」

→”出来損ない私と違って、あなたは人間が出来ている”と褒めたいのかもしれませんが、やや見下された気持ちになります。正直なところ、この人に話さなければよかったという気持ちになります。

「若いんだから大丈夫よ」

→根拠のない励ましです。お歳をある程度召されるまで病気になったことがない方か、病気をしたことがない方のどちらかがかける安易な励ましです。

「私も検診うけなきゃな〜」

→がんになったと伝えた時に、言われた無知かつ無神経な一言です。他人事だから言える言葉なんでしょうね。

「治るの!?」

→繰り返しになりますが、安易な励ましは必要ありません。しかし、「絶対治るよ!」という力強い言葉に助けられる時もよくあります。そういった不安定な状況で、この一言はなかなかひどいです。言葉に詰まりました。

「 こんな生活していると、また病気になるよ!?」

→ハチドリの場合、自分でコントロールができない不眠が続いており、一生懸命前を向こうとしている中であるのに、脅し以外なんでもない一言には、怒りを感じました。

 

上記は全て実際に言われたことかつ他人に言われたことです。次回は【毒親編】をまとめたいと思います。カチンときたことをあげても正直キリがないですし、普通の状況で言われた場合はどれもスルーできるものではとも思います。しかし、このような言葉を投げかけられると、その場で言い返すことはできず、新たなストレス「人間不信」になってしまったことは確かなのです。

 

こちらの記事もどうぞ!↓

大切な人ががんと宣告された時、絶対やってはいけない3つのこと 

がん患者に言ってはいけない言葉【綺麗事編】